氷より冷たい水ってどういうこと?

過冷却状態の水のことです。

ふつう、水は0℃で凍るといわれていますが、実際には0℃を超えても、水分子が規則的に配列されて結晶化するのに時間がかかり、凍る前に温度だけが下がっていくという微妙な状態になることがあります。この凍結点をすぎても液体のままという現象が過冷却現象といい、氷より冷たい水という状態なのです。

 
なぜグラスに注いだ瞬間氷になるのですか?

凍ったグラスに秘密があります。

0℃以下に冷やされたグラスの表面にはすでに結晶化(凍結)した水蒸気があり、そこに過冷却状態の飲料を注ぐと、その水分子がいっせいにその結晶に集まり凍結がはじまるからです。

 
過冷却状態にするには何時間くらいかかりますか?

3時間~5時間です。

マジコールに入れるときの温度や飲み物の種類によって変わりますが、だいたい3時間~5時間で過冷却状態になります。

 
アルコール類はどんなものでも大丈夫?

アルコール度数の高いものは適しません。

ウイスキーやスピリッツ類など、アルコール度数が高いものは適していません。市販の清涼飲料水やボトル入りカクテルやリキュール類、ほとんどの日本酒はOKです。

 
冷たさが長持ちするというのはなぜ?

ショーケースから出した時点で約-5℃~-15℃だからです。(-5℃~-15℃の範囲で設定できます。)

ふつうのチルドショーケースでは飲み物を取り出した時点ですでに4℃以上ですが、マジコールの場合は-5℃~-15℃付近。スタートから断然冷たさが違います。